サービス内容

施設の役割・目的

方針イメージ

 介護老人保健施設とは病状安定期にあり、入院治療をする必要はないが、家庭復帰を目指したリハビリテーションを行う高齢者のための施設です。明けの星では医師・看護師・理学療法士・作業療法士・介護福祉士・社会福祉士・管理栄養士などの高齢者ケアを専門とするスタッフが、経営理念である Sympathy(共感) のもと、ご利用者様の気持ちを自分のものとして共感しながら心身の自立を支援していきます。

サービス内容(各サービス名をクリックすると詳細画面が開きます。)

  • 施設入所(要介護1~5)

     心身の機能の改善の為、個々に目標(ゴール)を設定し、その実現の為日常生活及び療養のプログラム(ケアプラン)を作成・実施します。また、目標が達成できたかどうか、病状及び身体の状態と療養継続の必要性について3ヶ月を目安として判定していきます。
  • 短期入所(ショートステイ)(要支援~要介護5)

     施設に短期間入所して、医学的な管理のもとに治療や、リハビリ、看護、介護を行います。
    また、ご利用者様が家庭での生活を継続できるよう家族等の介護負担の軽減を図るため、短期入所を利用することもできます。
  • 通所リハビリテーション(デイケア)(要支援~要介護5)

     健康チェック、入浴、食事の提供、送迎及び理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行います。また、ご希望の方にはくもん学習療法を実施し、認知症の改善にも力を入れております。